登戸カイロプラクティック 遠藤光政D. C.  

川崎市内唯一

米国公認カイロプラクティック・ドクターの治療室

トルクリリーステクニックを採用し、神経機能の調整に特化した安心・安全な施術で身体に宿る自然治癒力を 最大限に発揮させます。 骨をボキボキすることはいたしません。   ニューロオリキュロセラピーは耳に300ほどある神経反射ポイ ントに弱い刺激を加えて神経のバランスを整えます。多くの症状に 安全で効果的に対処することができます。中でも痛みのコントロー ル及び発達障害に大きな効果を発揮します。   安全を最優先しま す。 痛い治療はしません。

 

慢性痛が起きるメカニズム

人は常に職場や学校、家庭において人間 関係や仕事勉強などで実に様々なストレス (悩み・不安・怒り)があります。この精神的 なストレスは脳にダメージを与えますダメー ジをうけた脳はエラーを起こし始めます。 脳は内臓や筋肉、骨など全身をコントロー ルしていますが、エラーを起こした脳は痛みなど に対してうまく対応出来なくなります。 この状態が続くと慢性的な痛みになってしまいます。 ヘルニアや脊柱管狭窄症が慢性痛の原因ではありません!

 

報酬欠陥症候群

報酬とは気分の良い生き生きとした状態、充足感をいいます。これを得るためには脳内の報酬系と呼ばれる部位においていくつかの化学物質(神経伝達物質)の正常な受け渡しが行われる必要があります。愛情、憎しみ、喜び、悲しみ、怒り、楽しみ、幸福感など人の感情の全て(29種類)はこの部位で生まれます。

 

この部位の不調は集中することができない、落ち着きがない、不安感がある、眠れない、いらいらする、慢性的な痛みがあるなどの原因になります。

 この部位で化学物質の受け渡しが正しく行われるために正しい神経の働きが要求されます。トルクリリーステクニックは神経の働きを整えることに特化した療法です。独特の鑑別診断法を採用して神経の働きの不調部位を正確に特定して調整します。

 脳と脊髄を中心にする神経系は全身の他の全てを支配するマスターコントロール・システムです。神経の働きが整うと、結果的に腰痛、頭痛、肩こり、うつ、精神不安などのさまざまな体調不良が解消されます。

注意変数のテスト(TOVA®)の導入

4歳以上80歳以上の男女によって標準化された、注意のコンピュータ化された客観的尺度。

TOVA(Test of Variables of Attention)は、医療従事者に注目と抑制制御の客観的測定を提供します。 視覚TOVAは、注意欠陥/多動性障害(ADHD)を含む注意欠陥の評価および治療の評価を補助する。 聴覚TOVAは、ADHDを含む注意欠陥の評価を補助する。 

TOVAは、文化的および言語フリーの十分に長いコンピュータ化されたテストであり、左/右の区別や順序付けを必要としません。 視覚刺激または聴覚刺激に対する応答は、ユニークで高精度の(±1ms)マイクロスイッチで記録されます。 TOVAは、応答時間の変動性(一貫性)、応答時間(速度)、手数料(衝動性)、省略(焦点と警戒)を計算する。 次に、これらの計算を、年齢および性別が一致した大きな規範的サンプル、ならびにADHDと独立に診断された個体のサンプル集団と比較する。これらの比較結果は、直ちに利用可能で読みやすいレポートを作成するために使用されます。

TOVAは、自己報告または他人の報告を通じて入手できない情報を提供します。 それは臨床的インタビューおよび主観的尺度(行動評価など)と共に、学術的、社会的、個人的なパフォーマンスおよび障害のより包括的な図式とともに使用されます。TOVAの結果は、資格のある医療専門家によってのみ解釈されるべきである。

なぜTOVAですか?

残念なことにテストメーカーにとって、コンピュータはADHDで見られる最も一般的な特性の1つ、つまりパフォーマンスの不一致を共有します。 TOVA社は、この問題に対処するハードウェアとソフトウェアを設計および構築し、コンピュータのミリ秒精度での測定を可能にします。 TOVA USBデバイスとマイクロスイッチ(フォトダイオード付き)は、タイミング測定の正確さと、標準およびサブグループサンプルとの比較を保証します。 この妥協のないタイミングの手法は、正確な結果を保証します。

TOVAシステムには、MacおよびWindows PC用のソフトウェアインストーラを備えたUSBフラッシュドライブ、TOVA USBデバイス、TOVAマイクロスイッチ、インストールガイド、ユーザーズマニュアル、臨床マニュアル、USB、VGA、およびオーディオケーブルが含まれます。

TOVAの特徴

  • 就学前のテスト(4-5歳)
  • 学齢期テスト(6〜17歳)
  • パフォーマンスの有効性が組み込まれた大人テスト(17-80歳)
  • 視覚と聴覚のテストフォーマット
  • カスタム設計のハードウェアは、応答時間(±1ms)を正確に測定します。
  • 言語と文化のない刺激
  • 8言語の標準化されたマルチメディアテスト命令
  • TOVA挙動観察フォーム
  • 4〜80歳以上のジェンダーによって広範に規律される
  • 直ちに利用可能で、読みやすいレポート
  • 複数のコンピュータで使用する
  • WindowsおよびMac互換
  • コンピュータ上で解釈されて保存されたテスト(ネットワークにアクセスする必要はありません)

 

「脳から脊髄の調整は・・・」

photo02

トルクリリーステクニックという方法で脳から脊髄にかけて最も変調をきたしている個所を神経学的な検査で探し出しインテグレーターという矯正器具で刺激を加え神経の乱れを取り除き脳の働きを正常に戻します。

 

脳が正常な状態を取り戻すと、痛みを抑制する回路が働き始め慢性痛が消えるのです!

 

トルクリリーステクニックは専用器具の弱い刺激による安全な神経矯正法で主要な医学及びカイロ学術誌に掲載され、テレビのディスカバリーヘルスチャンネルでも特集されました。現在、米国、カナダ、オーストラリア、イギリス、日本(多摩区、登戸)にリサーチセンターが設立されています。

 

photo03

トルクリリーステクニックの創始者Drホルダーとシュワルツネッガ―実はシュワルツネッガ―もトルクリリースのファンなのです!

トルクリリーステクニックを詳しく知りたい

 

「脳から各器官の調整は・・」

photo04

耳介には約300の神経反射ポイントがあります。ニューロオリキュロセラピーという方法で脳から骨・筋肉・内臓などに送られる信号の乱れを専用器具を用いた耳介の反射点への微弱な電流刺激を行うことで解消します。微弱な電気刺激を流し神経の働きを整えます。

オリキュロセラピーはWHO(世界保健機関)も認定している治療法です。

オリキュロセラピーを詳しく知りたい

photo05

22才で渡米し、グレンデールカレッジを経て1978年にパーマーカイロプラクティック大学を卒業。ドクター・オブ・カイロプラクティック取得。ロスアンゼルス郊外のヘルザーカイロプラクティッククリニックで研修後帰国。

 

川崎市多摩区で臨床の傍ら日本柔道整復専門学校へ通学、柔道整復師取得。

 

1997年世界カイロプラクティック連合のWHO後援世界大会東京で組織委員長を務める。

 

以後、ホルダー研究所日本代表としてトルクリリーステクニック及びニューロオリキュロセラピーの普及に努める。アデシクション専門家を相互認定する世界組織IC&RCへの日本代表、一般社団法人日本アディクションプロフェッショナル認定協会代表理事としてアディクション、発達障害の専門家認定と養成のためのコースを運営。

 

全身を支配する神経機能の調整に特化したトルクリリーステクニックとニューロオリキュロセラピーを採用し骨格のゆがみ(腰痛、肩こり)に止まらず、全身の健康状態及びメンタルへルス(精神的健康)に自然な手段を採用して安全で効果的な療法の実践と普及活動を行います。

Copyright 2018 登戸カイロプラクティック/多摩区・発達障害、強迫性障害、メンタルヘルス