発達障害、強迫性障害、依存症のリスク遺伝子

報酬欠陥症候群リスク遺伝子変異

報酬欠陥症候群リスク遺伝子変異

報酬欠陥行為

報酬欠陥行為

 

報酬とは気分のいい状態をいいます。生まれながら十分な満足感、充足感を得られない状態がある人達がいます。「報酬欠陥症候群」という状態で、人の感情の全てがつくられる脳辺縁系に於ける神経伝達物質とよばれる化学物質の連鎖的な受け渡しが正常に行われないことによります。いい気分を得るための物質や行為を求めることになります。

個人によりリスク遺伝子の種類が異なります。遺伝子異常のタイプが特定されるとその個人のリスク傾向がわかり、報酬欠陥行為の発症を予防する助けになります。米国のGeneus Health社が米国内唯一の特許取得検査GARSテストを提供しています。

また、すでに発症している人達については治癒はありませんが回復が可能です。脳辺縁系における神経伝達物質の成分となる数種類のアミノ酸を中心としたサプリメントが安全で効果的です。加えて自然な手段による神経生物学的な療法が効果的です。

カウンセリングなどの心理社会的な療法は効果的ですが、それだけでは元々あった生きづらさが又戻ってきて苦しむことになってしまいます。依存症からの回復者には高い自殺の確立があります。

 

 

 

 

 

コメントは利用できません。

Copyright 2019 登戸カイロプラクティック/多摩区・発達障害、強迫性障害、メンタルヘルス