クリーンにしらふで生きるためにN.2

ジャンの父はアルコ ール依存症でした 。当時彼女は気が付いていませんでしたが 、彼は A D H Dでもありました 。 (後に彼女はアルコ ール依存回復者の成人 A D H Dであると診断されました 。 )彼女の子ども時代を思い起こすと彼女はいつも落ち着かなく不安で 、集中できずストレスを受け易く 、騒音や物音に気を逸らされていました 。彼女には決して気分が良い 、安らいだまたは充足した感じがありませんでした 。彼女は自分に何か重大な欠陥があると思っていましたが 、何があるのかは分かりませんでした 。彼女は何か他人と違うことを感じていました 。それは彼女が 1 0代初めに初めてアルコ ールに巡り合い 、気分の良い充足感を感じ始めるまで変わりませんでした 。遺伝的にその可能性を持ってきた人々に依存症になる高い可能性がありますが 、遺伝以外の因子による報酬欠陥がその人の依存症になる可能性を高くさせます 。正常な神経伝達のプロセスは遺伝的な因子によっても環境因子によっても変化する可能性があります 。妊娠中の母親のアルコ ールや薬物の使用による栄養不良または傷害が 、胎児の一生の脳化学の欠陥を引き起こす可能性があります 。長期間の栄養不良 (低過ぎるカロリ ー 、食糧不足 、食物アレルギ ー /食物過敏または適当な栄養の不足 )は脳化学の正しい生産と代謝を害する可能性があります 。神経伝達物質は食べ物からのアミノ酸 、ビタミンおよびミネラルから作られるからです 。これらの材料となる物質を構成する栄養素が不足すると神経伝達システムが壊れてしまいます 。重度のまたは長期間のストレスは脳の報酬系に長期間の損害を与えます 。これらは一度の傷害的出来事 (地震 、殺人の目撃など ) 、断続的または慢性的ストレス (子どもの虐待 ) 、大きなストレスの連続 (死 、重症の怪我 、失業など ) 、または連続した厳しいストレス (アルコ ールまたは薬物依存症患者との生活 )などです 。極度のストレスと脳化学の変化の関係の重要性は 、言葉に現し切れないものがあります 。このストレスに対する生化学的反応は正常で保護的なものです 。ある程度のストレスの場合にはストレスが無くなればこれらの生化学的反応は正常に戻ります 。しかし 、ストレスが重度で長期になるとこれらの化学物質のレベルが正常に戻らない可能性があります 。そして慢性的なストレスの状態がそのストレスから逃れるために気分を変える物質使用の機会をつくります 。この例として 、多くの女性依存症患者たちが依存症になる前に性的虐待を受けていたことが挙げられます 。身体的傷害 、特に頭部への傷害が神経化学物質のアンバランスを起こす可能性があります 。この章の初めに説明された兄弟のリチャ ードは 6歳の時に頭部に損傷を受けていて 、それ以来兄弟のジェ ームスと顕著に違う性格を現し始めました 。重度または長期間の気分に影響する物質の使用は脳化学の変化を起こす可能性があります 。遺伝子を持っていない人または栄養不良 、あるいは傷害を受けてない人でも気分に影響する物質を長期間使用することで報酬欠陥を起こす可能性があります 。もしジェ ームスが薬物を長期間 、大量に使用すれば彼もまた脳化学に変化を起こす可能性があります 。これは誰が依存症になり誰がならないかという疑問に関して重要なことです 。前に述べたように依存症になる人のほとんどにはいくらかの遺伝的素因が存在します 。しかし 、それは遺伝的な素因を持っていない人は決して依存症にならないということではありません 。それはその物質の依存性の強さ 、使用の頻度と量 、そしてその人の罹患性によります 。ある物質はそれを使用する人のほとんどが依存症になってしまうようなものもあります 。ニコチンが良い例です 。タバコを吸う大多数の人々は 、その期間に関わらず依存してしまい 、止めるのがとても困難です 。多くの学者がニコチンはクラックコカインよりも依存性が強いと考えています (アルコ ールの場合は 1 0人中 1人位だけが依存になる ) 。しかし 、ごく一部の人々はタバコを吸っていても依存しません 。その人たちは少量のタバコを吸い 、止めようと決めた時にはタバコを捨てて二度と吸いません 。これらの人々は他の人々がなぜ同じようにすることができないのかを理解することができません 。人々の中にはある遺伝的な因子が存在して喫煙に強い依存性を持っている人々がいます 。これらの人々は低年齢で喫煙をし始め 、止めるのが困難で繰り返しの努力も無駄になってしまいます 。彼らは意志が弱いということではない 、ということに気づく必要があります 。実際一時的に禁煙し 、その後失敗した多くの喫煙者たちは 、初めて喫煙をする前に経験したような重度のうつを体験したことが示されています 。喫煙はうつに対処するための自己治療でした 。禁煙をすることで覆い隠されていたうつ状態が表面化します 。これらの人々は余分な助けを必要とします 。本書に書かれているものの中に見つけることができると思います 。報酬欠陥の原因が遺伝的なものであれ 、または環境的なものであれ 、欠陥による不快から逃れるために物質を使い始めると 、その物質に依存する高いリスクがあります 。では報酬欠陥の人々には何が起こるのかを検証してみると 、彼らは何らかの方法で彼らに不足しているものを提供する物質を見つけます 。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Copyright 2017 登戸カイロプラクティック/多摩区で腰痛、肩こり解消