脳内の報酬系—「クリーンにしらふで生きるために」より

私たちは誰でも肉体的感情的な心地よさを求めます 。私たちは良い気分を感じたいのです 。脳内化学物質 (神経伝達物質 )の活動が喜びや気分の良い状態に重要な役割を果たしているということは十分に解明されています 。脳細胞内で生成され蓄えられた神経伝達物質は神経細胞から神経細胞へのメッセ ージを運ぶメッセンジャ ーの役割を果たします 。神経細胞が刺激 (見る 、聞く 、感じる 、嗅ぐ 、考える 、想像する 、または理解する )を受けるとそれが化学的メッセ ージを次の細胞の受容体へ向けて送り 、また次の細胞へと送ります 。それぞれの神経細胞が木の枝のように何千と言う他の細胞に連絡し 、それらの全てがお互いに神経伝達物質によるメッセ ージを送ったり 、受け取ったりしています 。神経伝達物質は気分 、感情 、考え 、行動 、モチベ ーション 、記憶を仲介する化学的メッセンジャ ーです 。神経伝達物質が十分存在する時は良い気分を感じることができます 。多数の神経伝達物質はある行動に対して私たちに報酬としての喜びの感じを作り出すためにともに調和を保ちながら働き 、私たちを生かし 、快適にさせています 。それらの神経伝達物質の不足や過剰は不愉快な気分となって現れます 。神経伝達物質は脳内の神経細胞でアミノ酸から生成されます 。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Copyright 2017 登戸カイロプラクティック